別居親子の面会、コロナで「途絶」 家裁審理も進まず

2020/5/11 16:28 (2020/5/12 0:51更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、別居する親が子供と接する「面会交流」が途絶えるケースが増えている。子への感染を恐れ一方の親が面会を拒む場合が多い。家裁の調停期日が感染対策で取り消され、両親間の協議が進まないことも一因となっている。専門家は、オンラインによる面会など、柔軟な対応を可能とするルール整備の必要性を指摘している。

「面会はさせられない。子供を危険な目に遭わせることはできない」

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]