銀行業の競争を考える(7) 顧客向けサービスの低収益化
江戸川大学教授 杉山敏啓

やさしい経済学
2020/5/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

銀行業の収益部門(プロフィットセンター)は、国内の顧客取引業務、市場業務、国際業務に大別されます。大手銀行の場合、国内本支店での顧客取引業務に加え、市場業務や国際業務でもかなりの収益を稼いでおり、3部門はいずれも主要な収益部門です。

地域金融機関は地元顧客の便利を図るため、各地域に店舗を設置して、金融仲介サービスを提供することをもともとの設立目的としています。このため必然的に、顧客取引業務が主要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]