/

この記事は会員限定です

重み増す「共創」の知財戦略 林力一氏

経営コンサルタント・弁理士

[有料会員限定]

企業の知的財産戦略について誤解があるようだ。通常、企業関係者がイメージするのは「特許を多く保有したり製造ノウハウを秘匿したりして競合他社に差をつける」という競争戦略だろう。こうしたイメージを従来の知財戦略とするなら、近年は、他社とのアライアンス(提携)を実現する「共創」の知財戦略の重要性が増す。

他社とのアライアンスのための知財戦略は「オープン&クローズ戦略」とも呼ばれる。資本関係にない提携先に自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン