/

この記事は会員限定です

ランナーの真後ろは10メートル空けて 飛沫を流体解析

[有料会員限定]
日経クロステック

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、くしゃみや呼気で出る飛沫について流体解析によるシミュレーションを実施した事例が増えている。シミュレーションツールの米アンシスのベルギー法人は、現地の大学などと共同で、歩行者やランナーが感染者だった場合の距離の取り方を明らかにした。ランナーの真後ろにいると、呼気に含まれる微粒子をまともに受けてしまうため、10メートルは離れる必要があるという。

ランナーの真後ろに付いてはいけない

オランダのアイントホーフェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2256文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン