/

山形の彩静堂が「咲くタオル」 花の形にアレンジ

ギフト企画販売の彩静堂(山形市)は14日、タオルを花の形にアレンジした「咲くタオル」を発売する。花瓶を用意するなど手間がかかる生花と違い実用性を売り物にする。これまで冠婚葬祭向けに同様の商品を独自に扱っていたが需要が減少しており、個人のギフト市場を開拓する。

3種類を用意した咲くタオル

高級ブランドの今治タオルのフェースタオルをバラの花の形に折って造花にした。球体型の大(2万円)のほか、箱入りの中(1万1980円)と小(3980円)を自社サイトで販売する。今後は白や紫など色彩を増やしていく。

これまで参列者にタオルの造花を持ち帰ってもらう葬儀用の需要があったが、家族葬など小規模化で需要が減っている。今回、母の日商戦には間に合わなかったものの、「花もタオルも贈り物の定番。飾った後は使ってもらう二刀流ギフトとして需要を作る」(同社)としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン