/

この記事は会員限定です

休校ののちに 歌人 大辻隆弘

[有料会員限定]

私が勤務する高校は、丘の上にある。

校舎のまわりには楠(くす)の木がいっぱい植えられている。春になると、その楠がいっせいに古い葉を落とす。楠落葉である。

楠落葉は美しい。明るい黄色から深い茶色まで、グラデーションを帯びた硬い葉が、自転車置き場に吹き溜(だ)まり、風に揺れる。それを見ると、毎年、私は「ああ、また新年度が始まるのだな」という気持ちになる。

が、今年はちがう。

自転車置き場に自転車はない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1595文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン