花善、秋田県医師会と協定 危機時に駅弁無償提供

2020/5/11 13:37
保存
共有
印刷
その他

駅弁製造・販売の花善(秋田県大館市)は新型コロナウイルスの感染拡大で医療崩壊の危機に陥ったときに鶏めし弁当を県内医療機関に無償提供する。秋田県医師会と協定を結んだ。医師、看護師、事務員ら医療従事者の食事を確保して、患者の治療などにあたってもらう。

医療崩壊の危機が起きた場合に花善が無償提供する鶏めし弁当

協定は8日付。県医師会の要請を受けて、花善は900円の鶏めし弁当を100食以上ひとまとめにして秋田県全域の医療機関に届ける。1000食を超えると有料で提供する。協定の有効期間は12月末までで、必要があれば延長するという。

県医師会の小玉弘之会長は「県内すべての医療従事者にとって今後の活動に大きな励みになる」とコメントした。花善の八木橋秀一社長は「消費期限が長い駅弁の提供で医療現場の一助になれば」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]