米経済対策の成否は 都市封鎖、資本傷める恐れ
前ニューヨーク連銀副総裁 サイモン・ポッター氏

コラム(経済・金融)
2020/5/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスで世界経済が急減速する中、米国は強力な対策を打ち出した。その効果と副作用を前ニューヨーク連邦準備銀行副総裁のサイモン・ポッター氏に聞いた。

――世界経済の先行きをどうみますか。

「かつてなく不確実だ。ロックダウン(都市封鎖)による経済の影響は読めない。旅行などコロナ危機前より弱い状況が長引きそうだ。経済活動の停止で、人的資本のほか(設備の価値やブランド力などを含めた)有形無形の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]