/

この記事は会員限定です

緊急事態解除を30県以上で調整 政府、14日にも

1週間ごとに判断

[有料会員限定]

政府は緊急事態宣言の対象都道府県について30県以上を解除する方向で調整に入った。新型コロナウイルスの重点対策が必要な「特定警戒都道府県」以外の34県のうち、新規感染者が安定して少ない県を解除対象とする。14日に専門家会議を開き、感染状況を見極めたうえで決める。

西村康稔経済財政・再生相が10日の記者会見で「(34県の)多くで緊急事態宣言の解除が視野に入る」と述べた。富山県など感染者が多い県も14日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン