神戸労災病院で院内感染か 新型コロナ、新規入院停止

2020/5/10 20:18
保存
共有
印刷
その他

兵庫県は10日、新たに女性5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。神戸市によると、うち1人は神戸労災病院の50代の看護師。既に感染が判明している50代と90代の男性が、この看護師が担当する入院患者だったことも分かり、市は院内感染が起きた可能性が高いとした。

神戸労災病院は新型コロナ感染症の軽症患者を受け入れているが、患者2人は別の病気で入院していた。看護師も新型コロナ感染者の受け入れエリアは担当していない。病院は新型コロナの患者を含む新規の入院を停止した。

また、5人には大阪市に住む未就学の女児も含まれる。既に感染が判明している20代女性の家族で軽症。県内の感染確認は693人になった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]