/

リトル・リチャードさんが死去 ロックンロールの草分け

【ロサンゼルス=共同】ロックンロールの草分け的存在の一人で、ビートルズやジェームス・ブラウンさんら多くのミュージシャンに影響を与えた米国のリトル・リチャード(本名リチャード・ウェイン・ペニマン)さんが5月9日、がんのため死去した。87歳だった。親族が公表した。亡くなった場所は明らかにされていない。米メディアが伝えた。

1932年、米南部ジョージア州メイコン生まれ。50年代にデビューし「トゥッティ・フルッティ」などがヒット。熱狂的な歌唱スタイルやパフォーマンスで知られ、代表曲の一つ「のっぽのサリー」はビートルズがカバーした。86年に「ロックの殿堂」入りを果たした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン