救急センターの5%が受け入れ制限 コロナ特定警戒地域

2020/5/9 22:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス対策で指定された13の「特定警戒都道府県」にある救命救急センターの5%が、4月末時点で一般の救急患者の受け入れを制限していることが分かった。東京、大阪、愛知、兵庫の4都府県で少なくとも9カ所ある。新型コロナ患者への優先対応などが背景にある。

救急医療体制は重症度に応じて役割分担されている。専門性が高く高度な措置が必要な患者を受け入れる救命救急センターは全国に約300カ所あり、1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]