ホテルマネー、引き揚げ連鎖も 需要蒸発で破綻相次ぐ

2020/5/9 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大によるホテル事業者の経営破綻が増え始めた。訪日外国人(インバウンド)や東京五輪を狙って、新規参入や開業が相次いでいたところに宿泊需要が蒸発し、資金繰りに行き詰まっている。ホテル業界には投資ファンドからも資金が流入していただけに、破綻が広がればオーナーによる物件売却など、不動産市場に影響がでる可能性もある。

東京商工リサーチによると新型コロナ関連の宿泊業の経営破綻は8日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]