「力の及ぶ限り支援」 習近平氏、金正恩氏に返信

習政権
2020/5/9 17:51
保存
共有
印刷
その他

習近平国家主席は北朝鮮の金正恩委員長に「口頭親書」を送った(2019年、人民大会堂)

習近平国家主席は北朝鮮の金正恩委員長に「口頭親書」を送った(2019年、人民大会堂)

【北京=羽田野主】中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は9日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に「口頭親書」を送り、新型コロナウイルスに関して「北朝鮮の求めに応じて力の及ぶ限り支援したい」と表明した。金正恩氏が8日に習氏に送った口頭親書に返信した。中国国営の新華社が伝えた。

習氏は「北朝鮮での新型コロナの感染対策の状況や北朝鮮の人民の健康をとても気にしている」と指摘。「北朝鮮がとった一連の対策がいい成果を出し、安心して喜んでいる」と続けた。中国国内の状況に関して「苦しく卓絶した努力を経て、中国の感染対策は重大な戦略的成果を挙げている」と強調した。

習氏は「中朝や国際社会の共同の努力のもとで、ウイルスとの闘いに最終的に勝利できると信じている」と主張。「私は中朝関係を重視している」とも述べ、中朝の蜜月ぶりをアピールした。

新華社によると、習氏が金正恩氏から8日に受け取った口頭親書には「体に気をつけてください」などとあったという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]