書斎のゴルフ

フォローする

スコアが5打縮まる「ロジカルパット」(下)

2020/5/28 3:00
保存
共有
印刷
その他
「ロジカルゴルフ」第2弾となる「ロジカルゴルフ 実戦ノート」(日経プレミアシリーズ)が大好評の尾林弘太郎プロ。第1弾の前作「ロジカルゴルフ スコアアップの方程式」も大ヒットしたが、いずれも尾林プロが延べ2万人をレッスンしてきた「本当に上達する事柄」を論理的にまとめた力作である。今回の「書斎のゴルフ」では特別にパッティングについて、論理的思考技術で、腕前を上げる方法を指南してもらった。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ 2020特別編集号」から)

カラーからのパット

尾林 次は練習法のその4です。これはカラーからパットするときの方法で、先ほどの縦を先に行うわけですが、このときに、カラーの部分の足し算を行うということです。例えば、カップの右サイドのカラーにボールがあるとしましょう。フックラインであることがわかりますが、それはあくまで最初は漠然と頭に入れておくだけにして、横に回って縦を見ます。ボールからカップまでやや上っていることがわかります。

――練習法その3からいえば、カップから1メートルオーバーと読みます。

尾林 良い読みですね。そして、それにカラーの部分を足すわけです。芝の長さ、逆目か順目かを見て、どれぐらい強く打たなくてはいけないかを判断します。この場合、私の判断だとプラス1メートルですね。こうして縦はカップ2メートル先まで打つことになります。それがわかったら、今度は横です。カップから50センチフックに切れると読みます。ここからボールまでの線を結び、2メートル伸ばしたところが目標となります。あとは、そこまで打つ素振りをして、そのままアドレスして打てばよいというわけです。

カラーからのパットは芝に食われる分を足し、先に距離を計算する

カラーからのパットは芝に食われる分を足し、先に距離を計算する

――練習法その3もそうでしたが、これまでだと、ただカップから50センチを目標にして打っていたと思います。キャディーさんもそこを狙えとか言いますよね。すると弱ければ、思ったよりも切れてアマチュアラインに外れてしまう。強ければ抜けてしまう。カップの右50センチから2メートルまで伸ばした線上の点を目標にするというところがミソですね。つまりカップの2メートル先の右70センチあたりが狙い目になるというわけですね。これなら距離感と方向をしっかりと決めて打てると思います。

尾林 そうでしょう。これはいわゆる仮想カップを決めるのと同じですよね。縦を読んでから、横を読む。こうして本当の狙いを決めるわけですが、それが仮想カップです。これを決められれば、しっかりとそこに打てる。その仮想カップにフェースを向けて構えられるからです。

――このカラーの足し算ですが、グリーンに目があって逆目のときにも使えますね。

尾林 下りや順目なら引き算となります。足し算と引き算は、傾斜と芝目、グリーンの外から打つ場合、すべて必要になります。どんなところからパットを打つことになっても、この計算をあらかじめしっかりと行い、仮想カップを作ってそこにきっちりと打つことです。

――尾林プロの「ロジカルゴルフ」なら、2段グリーンもスネークラインも、縦と横の足し算と引き算で、はっきりと仮想カップを決められますね。ロングパットでもショートパットでももう悩まなくて済みそうです。

緩める、締める

尾林 では、練習法その5ですが、これは打ち方の工夫になります。緩めるパットと締めるパットです。縦と横を読んで、さらに足し算引き算をして仮想カップを作ります。そしてこのパットに向けてちょうどいい距離感で素振りをして打つわけですが、どうしてもショートばかりになるという日があると思います。その逆にどうしても強く打ってしまうという日もあるでしょう。

――確かに、ファーストパットの傾向がショートばかり、オーバーばかりという日があります。いくら今度こそぴったりにと思って素振りをしても、そうはならない。距離感が合わないという日があります。

尾林 これはプロでもあります。見た目と芝の重さが違うとか、昨日プレーしたグリーンに影響されるとか。感覚が合わないわけですね。で、こんなときに、行う工夫を紹介します。それはどうしてもショートばかりするというときは、インパクトからフォローにかけて、いろいろな体のパーツを緩めるわけです。グリップの力、手首、体の力などを緩めます。こうするとヘッドが走って、ボールが少し伸びます。気持ち強く打てて、距離が少し出ます。

――それはいいことを聞きました。同じようにストロークするのに、気持ち転がるわけですね。

尾林 そうです。で、このことを練習場でやってみてほしいのです。どう緩めたら気持ち距離が伸びるのか。人によって緩め方や緩める部分が違うと思います。距離が出る緩め方を見つけてほしいのです。

――確かに緩め過ぎたらインパクトが弱くなって、かえって距離が出なくなるかもしれません。ヘッドが走る緩め方を身につけておけばよいというわけですね。

尾林 そうです。それとは逆に、締めるというのがあります。インパクトからフォローにかけてキュッと締める。グリップや手首、体を少し硬直させます。こうすると下りのパットでも転がり過ぎない。ブレーキがかかります。今日はどのパットも飛び過ぎるというときにも使えます。キュッと締めてヘッドが出ないようにするわけです。

パットを強く打ちたくないときはフォローを締める

パットを強く打ちたくないときはフォローを締める

――これも練習場で試しておくとよいですね。ボールが転がらない自分の締め方というものを見つけておくわけですね。どこをどう、どんなふうに締めると転がらないか、ブレーキがかかるかを見つけておけば、役に立ちますね。

尾林 そうです。緊張するとどうしても強く打ってしまうものです。そんなときにこれを知っておけば修正がすぐにできます。最初のホールから最終ホールまで、ずっと強かったなんていうことにはなりません。

――実際にやってみたら、「ああ、こうすればいいんだ」というのがよくわかりました。人それぞれでしょうから、練習グリーンでやってみて、実際のラウンドに役立てたいと思います。

ボール1つ、右左

尾林 最後にもう一つ、これも打ち方の工夫です。今日はどうも引っかける、今日はどうも押し出すというときがあると思います。こういう日に使う打ち方です。

――ということは、引っかけにくい、押し出しにくい打ち方があるというわけですね。

尾林 そうなのですが、先ほどの気持ち転がる、気持ちブレーキがかかるというように、気持ち引っかけにくい、気持ち押し出しにくいというところがミソです。つまり、打ち方そのものは変えない。ストロークは決して変えないというところが工夫といえます。

――なるほど、では具体的に教えてください。

尾林 これはボールの置き方を変えるという方法です。私は普段はパットでは左足かかと延長線上にボールを置いています。それで、今日は引っかけるなというときはボールを1つ分、中に入れます。こうしていつも通りにストロークすると、私の場合はボールは引っかかりがなくなります。また、どうしても押し出すなというときはボール1つ分、外に置きます。こうすると、押し出すことがなくなります。

――ストロークを変えずにその日の引っかけや押し出しを解消できるというのは最高です。

尾林 これも人によって個人差があると思うので、グリーン上で必ず試してください。うまくできれば、実際のラウンドで大きなお助け技術となります。

――私もやってみましたが、尾林さんの言う通りになりました。いいことを教えてもらえたと思います。

尾林 人間の体はその日その日で変わります。前の日の寝方だけでも、背骨がいつもより傾いたりします。前の日にやった運動や仕事でも、左右の腕や足の筋肉が変わっている場合もあります。こんなときにストロークを変えずに、気持ち打ち出しを変えられるというのは本当にありがたいです。

――確かにそう思います。

尾林 また、このボール1個の右左は、フックラインやスライスラインでも使えます。つまり、フックラインとわかっているのに右に打ち出せない場合は引っかけ防止の打ち方を応用すればいいわけで、ボール1つ右に置けばいいことになります。その逆にスライスラインとわかっているのに左に打ち出せない場合は、押し出し防止のボール1つ左に置けばいいわけです。

スライスラインはボール1つ左に置き(写真上)、フックラインはボール1つ右に置く(同下)

スライスラインはボール1つ左に置き(写真上)、フックラインはボール1つ右に置く(同下)

――このことはショットにも応用できますね。

尾林 その通りです。その日の調子に合わせて使える調整法です。ぜひ練習のときからトライして、実戦ラウンドでも使える技術にしてみてください。

――今日は本当にいい体験をしました。またまた「ロジカルゴルフ」の目から鱗(うろこ)が落ちるロジックを学べました。スコアがこれだけでも5つぐらい縮まりそうです。本当にありがとうございました。

(文:本條強、協力:栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部)

「書斎のゴルフ」公式ホームページはこちら。http://syosainogolf.com/index.html

ロジカルゴルフスイングマネジメント 日経プレミアシリーズ

著者 : 尾林 弘太郎
出版 : 日本経済新聞出版
価格 : 968円(税込み)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

書斎のゴルフをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする

中部銀次郎さんがのこした言葉は、ゴルフの神髄を表している。深く心に残り、ゴルフの奥深さを味わわせてくれる。もちろん、上達への大きなキーワードでもある。そして、それはビジネスにも通じ、普段の生活にも役立 …続き (6/8)

中部銀次郎さんがのこした言葉は、ゴルフの神髄を表している。深く心に残り、ゴルフの奥深さを味わわせてくれる。もちろん、上達への大きなキーワードでもある。そして、それはビジネスにも通じ、普段の生活にも役立 …続き (6/4)

カラーからのパットは芝に食われる分を足し、先に距離を計算する

「ロジカルゴルフ」第2弾となる「ロジカルゴルフ 実戦ノート」(日経プレミアシリーズ)が大好評の尾林弘太郎プロ。第1弾の前作「ロジカルゴルフ スコアアップの方程式」も大ヒットしたが、いずれも尾林プロが延 …続き (5/28)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]