融資要請のマツダ、重荷になったコロナ前の値上げ

2020/5/12 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マツダが3メガ銀行などに計3000億円規模の融資を要請した。新型コロナウイルスの感染拡大による新車の需要減の長期化に備えるためだが、感染が広がる前に打ち出した新型車の値上げで顧客が離れ始めていた。14日に発表する2019年度の決算は営業利益が前の期に比べて半減したもようだ。戦略のつまずきが浮き彫りになりつつある。

「とにかく緊急で運転資金を確保しないといけない」。4月中旬、広島県府中町のマツダ本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]