アルゼンチン、債務交渉で合意できず 歩み寄り探る

2020/5/9 8:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】アルゼンチン政府と同国の国債を保有する米欧の債権者団との債務交渉は8日、政府が設定した期限までに合意できなかったもようだ。地元メディアが一斉に報じた。アルゼンチン側は既に国債の利払いを止めているが、デフォルト(債務不履行)が確定するまでの猶予期限(グレースピリオド)は22日まで残っており、残った期間内での歩み寄りを探ることになりそうだ。

アルゼンチン政府は総額662億38…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]