/

この記事は会員限定です

アルムと京大専門医、コロナ疑い患者の胸部を遠隔診断

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

医療系スタートアップのアルム(東京・渋谷)は新型コロナウイルス感染の画像診断を迅速に進めるサービスを始める。京都大学の放射線診断専門医グループ「京都プロメド」(京都市)と提携。胸部コンピューター断層撮影装置(CT)の画像を分析する「読影」で、新型コロナの疑い患者の見極めに不安を抱える医療機関を支援する。

アルムは国内の約380施設、大学病院に限ると約半数に導入されている遠隔画像コミュニケーションア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン