JR外房線で先頭車両脱線、乗客1人負傷 千葉

2020/5/8 20:54 (2020/5/8 21:03更新)
保存
共有
印刷
その他

8日午後3時55分ごろ、千葉県鴨川市のJR外房線安房鴨川―安房天津間で、6両編成で走行中の普通電車の先頭車両が脱線した。JR東日本千葉支社や国土交通省によると、乗客乗員約20人のうち、1人が腰の痛みを訴えている。運輸安全委員会は同日、鉄道事故調査官2人を現地に派遣した。

車両は安房鴨川発千葉行きの上り電車で、安房鴨川駅を発車して2分後に進行方向を左に脱線した。同社が事故の原因を調べている。

外房線は一部区間の上下線で運転を見合わせ、バスによる代行輸送を実施した。現場はJR外房線安房鴨川駅から北東に約2キロの住宅街。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]