牛も豚もデジタル化 スタートアップが畜産現場を変革

2020/5/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

疾病や出産、餌やりまで畜産業は24時間365日休む暇もない。しかも近年は生産者数が減る一方、1戸当たりの家畜頭数は増え大規模化が進む。管理の手間ばかりが増え経営を圧迫するが、生産者の間ではスタートアップと組み牛豚のデジタルトランスフォーメーション(DX)に針路を探る動きが広がる。センシング技術で家畜一頭ごとに生体データを管理、トントン拍子で肥育を効率化する。モ~畜産現場もDXは避けて通れない。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]