/

この記事は会員限定です

釣り用語の由来 ボウズや外道、語源知る楽しみも

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

釣り人は、目的の魚が釣れずに終わることを、「ボウズ」あるいは「オデコ」と言う。使い方としては、「ボウズになってしまった」「オデコを食らってしまった」といった具合だ。

由来は、お坊さんではなくはげ頭の方。毛が無い=魚っ気がなく1尾も釣れなかった、というわけだ。「オデコ」も理由は同じ。

「外道」は、目的とした種類以外に釣れてくる魚のこと。これは、仏教において、仏道を内道、それ以外の教えを外道と呼ぶこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン