守れ!エッセンシャルワーカー コロナ禍の小売最前線

2020/5/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スーパーやコンビニエンスストアなど小売店の現場への負荷が高まっている。従業員らは生活の維持に必要不可欠な「エッセンシャルワーカー」としての役割を担うが、感染リスクや精神的なストレスに直面する。働き手をどう守るか、小売り各社は手探りの状態だ。

 エッセンシャルワーカー 生活に必須な仕事に従事する人たちを指す。医療関係者や鉄道運行、食品など生活必需品を販売する店員ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]