/

この記事は会員限定です

1次産業で120人雇用創出 滋賀県がコロナ離職者対策

[有料会員限定]

滋賀県は新型コロナウイルス感染拡大を受けた雇用対策として、農業や水産業などで120人の雇用を創出する。農業法人への就職あっせんのほか、獣害を防ぐ柵や用水路の管理などの短期雇用について、雇用主に支援金を交付する。新型コロナで雇用環境が悪化する飲食・観光業などから人手や後継者不足に悩む1次産業へ人材シフトを後押しする。

2020年度6月補正予算案で関連予算の計上を目指す。大規模農家や集落営農組織が募集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン