ひとり親世帯、新型コロナで苦境 5割「収入減」

2020/5/8 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で、ひとり親世帯の困窮が深まっている。民間調査では5割超が休業などで収入減に直面していると回答。貯蓄を切り崩して生活している世帯も少なくない。各戸に弁当を配る「子ども食堂」や昼食代を給付する自治体もあるが、専門家は「支援制度を知らない家庭もあり、情報周知の工夫も求められる」と話す。

「パートが休みになり、子どもは休校で日中も家にいる。食費もかさみ、貯蓄は減っていくばかりだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]