シンガポール、「外国人頼み」の経済成長モデルに綻び
マレーシア国境封鎖で30万人足止め

2020/5/8 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司、谷繭子】低賃金の外国人労働者を工場などで大量活用してきたシンガポールの経済成長モデルが新型コロナウイルスで綻びをみせている。隣国マレーシアからは毎日30万人が越境通勤し貴重な労働力となっていた。だがマレーシア政府は感染防止を理由に3月から国境を封鎖。シンガポールは突如、貴重な労働力を失った。安価な労働力をテコに有力な外資製造業を誘致する国の成長戦略は今後も維持できるのか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]