熊本の布マスク買い取り企画、初日に上限達成

2020/5/8 17:52
保存
共有
印刷
その他

熊本県内の金融機関と経済団体が新型コロナウイルスの感染拡大で収入が減少した県民を支援するために実施した手作り布マスクの買い取り企画の受け付けが8日始まり、初日に買い取り上限の1万6千枚に達した。主催した「熊本地域金融・経済懇話会」が発表した。6月30日まで受け付ける予定だったが、10日午後6時到着分で締め切るという。

熊本の金融機関などが買い取る布マスクを受け付ける会場(8日、熊本市)

布マスクを受け付ける熊本市内の会場には段ボールが山積みされ、13人のスタッフが検品作業などにあたっていた。主催者によると8日までに5万枚超が届いたという。

企画は県内在住の18歳以上の個人に布マスクを手作りしてもらい、同懇話会が1枚500円で買い取るもので、布マスクは希望する県内の事業者や個人に無料で配布される。検品に時間がかかるため、配布時期は今月下旬になる予定。

熊本地域金融・経済懇話会は肥後銀行や熊本銀行、熊本県中小企業団体中央会など県内9つの金融機関・経済団体で組織している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]