宅配に意識変化、キーワードは「非接触」

消費を斬る
日経MJ
2020/5/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響が広がる中、宅配便の受け取りや送り方が変わってきている。スマートフォンで送り状を書いたり決済したりできるサービスが「店頭で並ぶ必要がない」と利用客から好評になってきている。自宅の郵便受けで受け取れる小口宅配も取扱個数が伸びる。「非接触」がキーワードで、なるべく人と対面せずに荷物のやり取りをしたい人の需要を捉えている。

「手続きが簡単。また利用したいですね」。ヤマト運輸の「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]