日商会頭、中小向け給付金の予算増額を期待

2020/5/8 16:17
保存
共有
印刷
その他

日本商工会議所の三村明夫会頭は8日、政府による中小企業などへの給付金の予算について「当然増額を考えてくれると思う」と記者会見で語った。同日から支給が始まり、上限は中小企業が200万円、個人事業主だと100万円となっている。

中小企業など向けの「持続化給付金」は2020年度補正予算で約2兆3千億円が計上されているが「想定されている約130万件のうち、4割の中小企業がすでに申請した」とみる。

パソコン操作に慣れている経営者が、すぐオンライン申請した可能性が高いという。今後は各地の商工会議所の助けも借りて申請する企業が増えると予想している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]