/

この記事は会員限定です

フルコース配達や自社EC 栃木でコロナ後へ新事業

[有料会員限定]

北関東でいち早く休業要請の緩和を決めた栃木県で、新型コロナウイルスの感染収束を見据えて新規事業を立ち上げる企業が相次いでいる。ステーキ店は酒類販売の免許も取得し、自宅でフルコースを楽しめる配達メニューを考案。印刷会社は顔を覆う透明のフェースシールドの量産に乗り出す。コロナ禍で一変した社会でも生き残ろうと、経営者は奔走している。

ステーキ店の存じやす(宇都宮市)は5月中にもフルコースの宅配サービスを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン