フルコース配達や自社EC 栃木でコロナ後へ新事業

2020/5/8 15:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北関東でいち早く休業要請の緩和を決めた栃木県で、新型コロナウイルスの感染収束を見据えて新規事業を立ち上げる企業が相次いでいる。ステーキ店は酒類販売の免許も取得し、自宅でフルコースを楽しめる配達メニューを考案。印刷会社は顔を覆う透明のフェースシールドの量産に乗り出す。コロナ禍で一変した社会でも生き残ろうと、経営者は奔走している。

ステーキ店の存じやす(宇都宮市)は5月中にもフルコースの宅配サービス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]