訪日客9割減 起業家が知恵絞る、官需開拓に転換

2020/5/11 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は観光事業を手掛けるスタートアップの経営に大きな打撃を与えている。インバウンド(訪日外国人)の9割減に加え、外出自粛要請で国内客の回復が見通せないためだ。手元資金が減り続けるなか、売上高がコロナ前と比べて9割減った企業も出てきた。先の見えない困難に起業家はどう立ち向かうのか。その現場を追う。

「東アジアの人的交流が再開する日まで会社が存続していることが大切だ」。5月1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]