新興勢、次世代蓄電池が実用段階 工場の次は再生エネ

2020/5/10 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップが開発する次世代蓄電池が実用段階に入った。工場などに導入が進み、今後は再生可能エネルギーでの応用を目指す。スタートアップは大学などの先端技術を取り入れる開発スピードが強み。次の成長分野の再生エネで主導権を取れるか。

東京大学発のエクセルギー・パワー・システムズ(東京・文京)は4月、アイルランドで蓄電池を使った電力サービスを始めた。数秒で1メガワットの電力を供給できるシステムを計20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]