仙台銀行頭取「コロナ禍、まず資金繰り対応に全力」

2020/5/8 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、仙台銀行は世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的な流行)を宣言する前に支援チームを立ち上げた。鈴木隆頭取は「通常業務は横に置き、まずは資金繰り対応に全力を」と行員に呼びかける。

――現状をどう評価していますか。

「思った以上に広範囲でほぼ全業種に影響が広がっている。県内で感染者が初確認された2月29日が一つの節目で、3月20日からの3連休で一気に広がった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]