/

TDRの休園を延長 社員5400人は一時帰休に

オリエンタルランドは8日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長を受け休園中の東京ディズニーリゾート(TDR)の休園期間を再び延長すると発表した。今まで再開時期を5月中旬に判断するとしていたが、政府や自治体の休業要請が解かれた段階で再開時期を決める。約5400人の社員の一時帰休や役員報酬の自主返納も実施し、長期化する休園に対応する。

2月29日以降、2カ月以上休園している東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の休園期間を延ばす。4月1日から休業している公式ホテルも、再開時期は新型コロナの感染状況や、政府や自治体の要請を踏まえて判断する。

休園が長期化する中、雇用維持のために社員の一時帰休を18日から実施する。約5400人の社員が対象で、勤務日数の内、月4日を休業日として賃金の一部を支給する。5月の休業日は2日間となる予定だ。ショーの出演者ら約2万人のアルバイトに対しては、休業補償額を引き上げるなどの対応を既に実施している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン