「疫病の文明論」まとめ読み 歴史・世界・人間を考える

カバーストーリー
2020/5/9 2:00 (2020/5/9 5:42更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ペスト、コレラ、結核、そして新型コロナウイルス――。繰り返し人類を襲い、社会を危機に陥れてきた疫病は、文明の大きな転換点ともなってきました。いま私たちは新たなパンデミックの経験から何を学べるでしょうか。人文・社会科学の有識者による連載「疫病の文明論」(全7回)をまとめました。

■6世紀から18世紀にかけて欧州で蔓延(まんえん)したのがペストでした。身分に関係なく「平等に」襲いかかる死は、階級社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]