/

この記事は会員限定です

欧米石油メジャー、投資3兆円圧縮 油価崩落で開発中断

(更新) [有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志、ロンドン=篠崎健太】欧米の石油メジャーが2020年の設備投資を大幅に削減する。米エクソンモービルや英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなど6社の投資の合計は年初計画から313億ドル(約3兆3000億円)減少する。各社は新型コロナウイルスによる石油需要の減少が21年まで続くとみており、投資を絞って守りを固める。機械や建設、輸送など関連産業にも影響が及ぶ。

エクソン、日揮が受注のプロジェクト延期

エクソンは2020年に予定して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1286文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン