/

米百貨店ニーマン・マーカスが経営破綻 新型コロナで

(更新)

【ニューヨーク=野村優子】米高級百貨店のニーマン・マーカスが7日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し経営破綻した。もともとネット通販の台頭により経営不振に陥っていたが、新型コロナウイルスに伴う営業停止が追い打ちをかけた。4日に破産法を申請した衣料品チェーンのJクルーに続き、米主要小売業で2例目の経営破綻となる。

テキサス州の連邦破産裁判所に申請した。総額およそ51億ドル(約5500億円)の負債のうち、40億ドルを圧縮。法的手続きに入った後でも営業を続けるためのつなぎ融資「DIPファイナンス」を6億7500万ドル確保した。

ジェフリー・バン・レムドンク最高経営責任者(CEO)は声明で「新型コロナの感染拡大により前例のない混乱に直面しており、我々のビジネスに容赦ない圧力をかけた」とコメント。全米で展開する43店舗を一時閉鎖し、従業員1万4000人の多くを一時帰休にしていた。

米小売企業を巡っては、新型コロナに伴う営業停止で資金繰りが急速に悪化している。Jクルーが週初に経営破綻したほか、百貨店大手JCペニーも破産申請を検討中。カジュアル衣料大手のギャップは4月下旬に店舗賃料の支払いを中止した。

ニーマン・マーカスは1907年創業の高級百貨店。オイルマネーが盛んだったテキサス州ダラスを拠点に富裕層を取り込み、最高級品を提供する百貨店として成長した。19年3月に、ニューヨーク初となる店舗を大規模再開発地区の「ハドソンヤード」に開業したばかりだった。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン