関西自治体、一部で休業要請緩和 慎重論も根強く

2020/5/7 20:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染収束をにらんで、関西2府4県で休業要請の緩和や解除の動きが徐々に出てきた。新規感染者が減少している滋賀県が11日からの段階的な緩和を決め、和歌山県は7日に一部公共施設で休業要請を解除した。ただ特定警戒地域を中心に早急な緩和に慎重な声も強い。

滋賀県では5日に休業要請の緩和方針を決めたことで県内の商業施設が相次いで本格的な営業再開に動き出した。大和ハウス系が運営するフォレオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]