/

この記事は会員限定です

カーネーション卸値2割高 「母の月」で消費喚起

[有料会員限定]

「母の日」ならぬ「母の月」で消費喚起――。今年は5月10日の母の日に限らず「5月いっぱい母親への感謝の気持ちを伝えよう」と花き業界が呼びかけている。新型コロナウイルスによる入荷量減少で、カーネーションの卸値は前年同期比2割高。販売期間を延ばして商機拡大を狙う。

母の月キャンペーンは花の生産や流通の業界9団体でつくる日本花き振興協議会が始めた。密閉・密集・密接の「3密」など店頭での人同士の接触を減ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン