レムデシビルを承認 国内初の新型コロナ治療薬

2020/5/7 20:50 (2020/5/8 2:06更新)
保存
共有
印刷
その他

レムデシビルは米食品医薬品局(FDA)がすでに緊急使用を認めている=ロイター

レムデシビルは米食品医薬品局(FDA)がすでに緊急使用を認めている=ロイター

厚生労働省は7日、抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認した。米製薬大手ギリアド・サイエンシズが開発した薬で、国内で初の新型コロナ治療薬となる。審査期間を短くする特例で承認し、原則、重症患者に投与する。

薬事・食品衛生審議会(厚労相の諮問機関)の部会で了承された。ウイルスの増殖を抑える働きがあり、人工呼吸器などが必要な重症患者に静脈注射で投与する。

加藤勝信厚労相は7日、「必要としている患者に速やかに届くようギリアドと相談したい」と話した。ただ「いつ日本に届くのか確定した情報はない」とし、「必要な量の確保に向けて努力したい」と述べた。

厚労省は医薬品医療機器法に基づく「特例承認」を適用した。海外で販売されている薬が日本で承認されていない場合に審査期間を短くする。レムデシビルは米食品医薬品局(FDA)がすでに緊急使用を認めている。ギリアドが4日に承認を申請し、厚労省は4日間で審査を終えた。

米国立衛生研究所(NIH)が公表した治験結果によると、偽薬を投与した患者は回復に15日程度かかったが、レムデシビルを投与した場合は11日で済んだ。死亡率の明確な改善までは認められなかった。

厚労省は富士フイルム富山化学が開発した軽症者向けの治療薬「アビガン」も5月中の承認をめざしている。新型コロナの治療手段を増やして感染拡大を抑え、経済活動の再開を後押しする。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]