/

この記事は会員限定です

米ファンド、コロナ後に的 打撃銘柄に巨額投融資

(更新) [有料会員限定]

米大手投資ファンドが新型コロナウイルスの打撃を受けた企業向けの投融資に動き出している。新たに投資に回せる資金は1.5兆ドル(約160兆円)と過去最大になり、政府支援の及ばない企業も視野に入れる。従業員や顧客にも配慮した「ステークホルダー資本主義」が重みを増す市場で、リスクマネーをどう提供するか。ファンドの役割が改めて問われる。

米KKRが6日発表した2020年1~3月期決算は、最終損益が13億ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン