塩野義製薬、新型コロナワクチンを21年秋にも市場投入

2020/5/7 18:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

塩野義製薬は2021年秋にも新型コロナウイルスのワクチンの市場投入を目指す。国立感染症研究所(東京・新宿)と共同で進める研究開発と並行し、1000万人規模のワクチン生産体制の構築に向けて100億~200億円を投じる検討に入った。通常は臨床試験(治験)の結果を受けて生産体制を整えるが、早期のワクチン提供のため異例の対応をとる。

塩野義の手代木功社長が日本経済新聞社の取材で明らかにした。同社は子会社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]