/

この記事は会員限定です

コロナ禍で苦境の酒蔵、学生発案で資金支援

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大はドミノ倒しのように経済に影を落としつつある。飲食店が営業を縮小し、そこに酒を納める酒販店の販売が低迷。影響はその先にある酒蔵にも及んでいる――。そこで東京農業大学の大学院生らは伝統ある酒蔵を資金面で支援するため、クラウドファンディングを立ち上げた。

支援の対象となる酒蔵は、全国新酒鑑評会で金賞の受賞歴がある松岡醸造(埼玉県小川町)や、出雲杜氏(とうじ)の技を継承する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン