/

サカイ引越、前期純利益22%増 退職給付改定で特別益

サカイ引越センターが7日発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前の期比22%増の89億円だった。1月の退職給付制度改定に伴い特別利益を18億円計上した。1~3月期は新型コロナウイルスの感染拡大による引っ越しの中止や延期で単価が下落したものの、それまでの引っ越し需要が堅調で通期での影響は総じて限られた。21年3月期の業績予想は新型コロナの影響で算定が難しく、未定とした。

前期の売上高は5%増の1008億円、営業利益は1%増の111億円。引っ越しの作業件数は約78万件と5%増え、引っ越しの単価は0.3%上昇した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン