/

この記事は会員限定です

ミクロン精密社長「リーマン並みの需要減覚悟」

コロナ危機 トップらに聞く

[有料会員限定]

小型の研削盤で世界的なシェアを持つミクロン精密は、2008年9月のリーマン・ショック時に売上高が3分の1に減少した。榊原憲二社長はちょうどそのころ、社長を継いで苦労したが、今回はさらに厳しい局面を覚悟している。

――緊急事態宣言の延長で事業にどのような影響がありますか。

「移動自粛が影響している。受注した機械は社員が納入先の工場へ出向いて調整をしている。遠隔作業を試みているが、県外へ試運転に行かざるを得ないこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン