/

長野のホテル一萬里、自己破産申請へ

「佐久一萬里温泉ホテルゴールデンセンチュリー」(長野県佐久市)を運営するホテル一萬里(同)が事業停止し、自己破産申請の準備に入っていることが分かった。負債総額は35億円を超える見通し。業績悪化で資金繰りが厳しくなっていたところに、新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけた。帝国データバンクによると、長野県内での新型コロナ関連の倒産は4件目で、負債総額は最大という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン