コロナ治療薬候補「イベルメクチン」、国内対応急ぐ

2020/5/7 17:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智氏が開発に貢献した抗寄生虫薬「イベルメクチン」が新型コロナウイルスの新たな治療薬候補として注目されている。既存薬なので安全性も担保されており、北里大学が臨床試験(治験)を実施すると発表した。材料は海外から調達しているため、供給体制の整備などが課題となりそうだ。

イベルメクチンは北里大特別栄誉教授の大村氏が関連物質を発見した抗寄生虫薬。寄生虫の神経などの細胞に働きかけ、致死的なまひ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]