/

みずほ純利益250億円下げ 前期、新型コロナで引当金

みずほフィナンシャルグループ(FG)は7日、2020年3月期の連結純利益が前の期比4.6倍の4450億円になりそうだと発表した。従来予想(4700億円)から250億円下げた。新型コロナウイルスの感染が広がり、国内企業の業績悪化に備えて計上する貸倒引当金を約800億円積み増したためだ。

外国債券の売却による利益の計上もあり、純利益の引き下げ幅は引当金の積み増し額より小幅にとどまった。年間配当は7円50銭を据え置く。

金融庁は貸倒引当金について細かく規定した指針を昨年12月に廃止し、融資先の状況に応じて金融機関が柔軟に引当金を積めるよう裁量を広げた。みずほFGは「会計監査人と議論したうえで対応した」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン