東海道新幹線、GW期間の利用9割減 外出自粛で

2020/5/7 18:30
保存
共有
印刷
その他

JR東海は7日、ゴールデンウイーク(GW)期間を含む4月24日~5月6日の東海道新幹線や在来線特急の利用者数が前年同期に比べ94%減ったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言により、帰省やレジャーといった外出の自粛が強まった影響を受けた。

期間中の輸送人員は新幹線が94%減の29万2千人、在来線特急が96%減の1万1千人だった。新幹線は2日と6日に車両故障が発生し、一部…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]