北陸3県、休業緩和に濃淡 緊急宣言後に感染9割増

2020/5/7 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸3県は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた遊興施設などへの休業要請を延長した。政府が緊急事態宣言の対象を全国に拡大してから6日までの20日間で、累計感染者は9割増えて600人を超えた。東京都など大都市圏を上回るペースなのは、相次ぎクラスター(感染者集団)が発生したためだ。感染状況を反映し、3県の休業要請の動きに濃淡が出た。

緊急事態宣言が全国に広がったのは4月16日。特定警戒都道府県の石川の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]