/

千葉県、県立学校の夏休み11日間短縮 7月末まで授業

千葉県は県立学校の夏休みを短縮し、7月末まで授業を行うことを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大による休校が長引いており、7月21~31日の11日間は休まず授業日数を確保する。各市町村の教育委員会にも県の方針を伝え、実情に合った対応を求める。

県立学校はすでに5月末までの休校を決め、授業の遅れが懸念されている。学校行事の見直しなども含めた検討を各校に呼びかけている。

一方、県教育委員会は家庭学習支援のため、18日から千葉テレビ放送で授業の動画を流す。小学校低学年向けの動画を中心とした計80本を、平日午前9時と午後2時から1時間ずつ放送する。4月末から実施しているユーチューブでの授業動画の配信も続ける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン